剛柔流空手の形

剛柔は形の中にある。 形の鍛練は容易なものでは無く、地道な努力と自分の体を制する向上心がまずは必要。
道場の先生や先輩より正しい姿勢や正しい運足を指導してもらい、体の動きを整えることが重要です。 全ての事に共通していることは、当初は基本に忠実であれ。

主な剛柔流空手の形について

                                                                                                                                                                                            
撃砕第一 (げきさいだいいち)【基本形】
宮城長順先生が空手の復旧発展の為、初心者対象に創作された形
撃砕第二 (げきさいだいいに)【基本形】
撃砕第一と同様に初心者対象の形、撃砕第一に猫足立ち、かけ受け、回し受け、両掌底当て」が加わっている。
砕破 (さいふぁ)【第一指定形】
入り身を伴って撥ね外しからの掌底落とし、裏拳打ち、片足立ちでの膝当てから蹴りへの連続動作を伴い錬度の高い形
制引鎮 (せいゆんちん)
剛柔の形のなかで唯一蹴り技の無い形。四股立ちを多用し、猫足立ち、三戦立ちが多く鍛練用の形としても重要な形。腕を掴まれた時の外し、後ろから抱きつかれた時の外しなどがあり突き 、払い落し、当て、受けの技は剛と柔を使い分けている。また剛柔流独特のクリ受けがある。
十八手 (せーぱい)【第一指定形】
外しの為の攻撃、両手を使っての外しから後屈の後、金的当て裏受けから掛け引いて手刀打ちなど、緩急を織り交ぜ攻防の連続が続く形。
久留頓破 (くるるんふぁ)【第二指定形】
体を捌いて攻撃をそらし、逆らいのない受けからの間接蹴りに始まり開掌による攻防を特徴としている。
十三手 (せいさん)【第二指定形】
正確な攻防技と体捌きが要求される形。掌底当ての連続から膝関節蹴り掌底当て、掬い押さえ、指取り抱え込み螺旋受けからの喉掴み等、前蹴りからの踵落としや虎口掌底当てなど多彩な技の連続が特徴。
四向鎮 (しそうちん)
開手が主体になっている形。貫手、横受けから肘関節折、後ろ肘当て指頭突き、掌底流し受け掌底当てと腰を使っての技が続く技の熟知が必要な非常に難しい形。
三十六手 (さんせーる)
掴まれた腕を擦り落としで外し、足を取り転がり逃げる相手を追い蹴りで決める等、実践的な技から始まる。
壱百零八手 (すーぱーりんぺい)
四方への転身が組み合わされており、また多様な技が織込めれているため、正確な基本技が要求される。
三戦 (さんちん)
正しい姿勢と呼吸、正しい運足による拳止進退、正確な突きと受けによる集中力、筋力持久力を上げ強靭な心身を作り上げることを目的とする。三戦に始まって三戦に終わる重要な形。
転掌 (てんしょう)
開掌での各種受け、掌底の使用の修練と共に丹田に力を集中し、気、息、体の修練を目的とする。

大会等で基本形で演技を行うと記載されている場合は「撃砕第一」「撃砕第二」のみとなる
第一指定形とは、「砕破」、「十八手」
第二指定形とは、「十三手」、「久留頓破」

剛柔流空手の形を用いて行う空手選手権大会について